このサイトは試験公開中です。間違った箇所があれば、info [@] mesopotamia.travel までお知らせ下さい。

アンテップの旧市街

メソポタミアが地中海と出会う地点にあるガズィアンテップは、何世紀もの間の蓄積を今日も丁寧に守っています。アンテップの旧市街を初めて見た時に、それが正しいことがわかるでしょう。

アンテップの旧市街の民家は、何百年ものあいだ、肩を組んだ人々のように隣り合わせに並んでいます。この地方には木材が少なく、採石場が多くあることから石材を使用せざるを得ませんでした。切出石、ミナレット用石材、黒色の石材などが使われました。石造の建物は内部を夏涼しく、冬は暖かく保ってくれます。

背の高い民家は常に狭い路地に影を落としています。このため、アンテップの旧市街は夏の暑さに対する避難所のような役割を果たしています。

旧市街の路地を歩いていると、よく金づちの音が聞こえてきますが、驚かないでください。この音は何千年門続いている工芸が、この都市の時の流れへの抵抗している音なのです。石工技術、イェメニ(革の短靴)製造、銅製品作り...アンテップは古い路地と同様に、昔の工芸も保護しています。

ハン(昔の雑居ビル)、ベデステン(屋内バザール)、バザール...すべて現存しおり、すべてが時の流れに抵抗しています。ガズィアンテップの古いく狭い路地は、皆さんを時の旅路に誘います。