このサイトは試験公開中です。間違った箇所があれば、info [@] mesopotamia.travel までお知らせ下さい。

我々について

GAP地方開発総局は、観光に特化した広報とブランド化プロジェクトでGAP地域の経済的、社会的、文化的発展を加速化する目的で、地方の「ブランド」の価値を上げることを目的としています。

プロジェクトの範囲で、GAP地方において文化観光関連業務を効果的に、一貫性を持って行うために県ごとではなく地方全体で推進し、関連機関や企業間のコーディネート、地方単位の魅力的観光地の形成、GAP地方の観光バリエーションの創造、他の観光選択肢となる場所の開発、文化や信仰ツーリズムの他、他の種類の観光の広報、そして「ブランド化」業務を開始し、地方の観光収入を増加させ、観光に特化した雇用の場を形成する目的でGAP地方開発総局によって2014年に刊行特化広報ブランド化事務局が設立されました。

結成されたプロジェクト・チームによって広報ブランド化アクションプランが作成され、観光地の形成、観光パートナーの組織化、地方観光バリエーションのパッケージ化、観光バリエーションの旅行会社への売り込み、GAP県観光広報業務、広報材料の作成、GAP地方デジタル都市システムとWEBポータルの作成といった業務が推進されています。

皆さまに提供されている当WEBポータルも広報ブランド事務局の最重要アウトプットのうちのひとつです。

プロジェクトの組織構造:

GAP-BKIの名の下に、総コーディネーター、ヤシャル・イェトキン、ÇTKコーディネーター、M.スプヒ・オゼル、プロジェクト・コーディネーター、セラップ・ウゼル、GAP-BKI地方局YYA課担当セミヒ・デンギ。

公法ブランド事務局:プロジェクト・コーディネーター、Dr.ジャーレ・ヴェリベイオウル、ブランド担当オンデル・ジュルック、観光営業担当カスム・バーラム、デルヴィシュ・オドゥンジュ、都市計画担当レイラ・アクブユック、webデザイン担当アフメット・タバンオウル、プロジェクト助手イブラヒム・ハリル・クルチ、レイハン・シャーヒンクシュ、プロジェクト事務局アスル・シャーヒン、サポート:ムハンメッド・チャクル、事務局職員ムテヴェッキル・ブイルック。