このサイトは試験公開中です。間違った箇所があれば、info [@] mesopotamia.travel までお知らせ下さい。

モル・キルヤクス修道院

ベシリ郡のアイランジュ村にあるモル・キルヤクス修道院は、約2300m2の面積に建設された、トンネルで地下に つながっている階層を合わせて3階層の建物です。外側からは長方形プランで、内部は広いふたつの正方形プランになっています。中庭とこの中庭の周囲にはアーチのかかった柱の後ろ側に部屋が連なっています。

スルヤニのキリスト教徒に聖地とみなされているトゥラブディン地域の外れにあるモル・キルヤクス修道院は、この地域で初めての修道院のうちのひとつであり、この修道院の建設が新たな修道院の建設のきっかけになったため、この地域にある80近くの教会や修道院の中でも重要な地位を占めています。

紀元後457年に建てられたと推定されるこの修道院は、1940年まで使用されていました。ここで学び、神父の称号を得た者たちは、トゥラブディン地方の他の教会に教師として赴任しました。しかし村に彼らのコミュニティがいなくなったことから、内部の作品はモル・ガブリエル修道院に移され、使われなくなりました。未だに修復、清掃作業が続いています。