このサイトは試験公開中です。間違った箇所があれば、info [@] mesopotamia.travel までお知らせ下さい。

シェフリ・ヌフ(ノアのまち)シュルナック

面積 7.203 km²

人口290.307人

郡の数7郡

郡:シュルナック(郡都, ベイテュシュシェバプ,ジズレ,ギュチュルコナック,イディル,シロピ,ウルデレ

海抜1400 m

主な産業:農業,畜産,商業,鉱業.

手工芸:キリム,絨毯,織物業(袋・ショール).

Şırnak'tan Türkiye'nin her yerinden karayolu bağlantısı bulunmaktadır.

2013 Yılında hizmete giren Şırnak Şerafettin Elçi Havalimanı'nda düzenli uçak seferleri mevcuttur.

ムムバル (腸詰)

グティリッキ(一種のイチリ・キョフテ)

ヘリセ (鶏肉料理)

メイレ (ヨーグルトとズッキーニの料理)

ペルデ・ピラウ (パイ生地で包んだピラフ)

クリチェ(クルミが入った菓子パン)

シラニ (果物シロップが入った菓子)

ゲズ (カシの木の葉からとれる汁で作る菓子)

カドゥギ・ディフセ (クルミが入ったケーキ)

ヨーグルト入りケンゲル(4月―5月)

木製のノアの箱舟模型

シャルシェピック

シュルナクの杖

キリム

地方の服

シュルナクはちみつ

ジュディを眺めながらコーヒーを飲んでください。

子羊の毛刈り、高原祭りに参加しましょう。

ズムルット温泉に入ってください。

日の入り時のチグリス川を眺めてください。

シュルナクの結婚の宴会に参加してみましょう。

シャルシェピインがどのように織られているかを観察しましょう。

「大地よ!水を飲みこめ。空よ!水を貯めこめ。」と言うと、

水が引き、事は終わった。船はジュディに着いた。

「残酷な集団はアッラーの慈悲が得られませんように」と言った。

                                                                                                     フード章44

シュルナクは2114メートルの高さを持つジュディ山の裾野にできた都市です。ノアの箱舟はジュディ山に着いたと信じられています。シュルナクは言い伝えによると、ノアの息子たちの夏の町として建設された都市だということです。シュルナクはノアの都市という意味です。「シュル」は都市、「ナク」はノアという意味です。都市の名はシェフリ・ヌフ、その後シェルネフとなり、現在のシュルナクになりました。今日、県庁所在地であるシュルナク市の中心地は、オスマン朝時代には現在シュルナクの一郡となっているジズレの一村でした。

この県は全般的に山と深い谷、高原からなっています。チグリス川流域にある県内のすべての河川はチグリス川の支川です。その主なものはクズルス川、ヘズィル川、ハブル川です。ベイトゥッシェバップとウルデレ以外、県の植物相はだいたい草原で、森林部にはカシの木が生えています。県の主な産業は畜産業です。そのため遊牧文化が広まっています。遊牧民は羊とともに夏は草原や水が豊富な山頂で、冬は低地の暖かい平原へ移動します。男性は羊の群れを草場に連れていき、女性は羊からとれた羊毛でキリムや絨毯を織ります。最近20年ほどテロや経済上の理由で遊牧民たちも伝統的生活を捨て、定住生活を始めました。遊牧文化は部族組織をもたらし、父系家族で血縁関係の濃い姻戚関係がこの地方では幅を利かせています。シュルナクでは部族は閉鎖的経済と社会構造を有しています。

この遊牧文化を思い出し、次世代へ伝えるために、現在シュルナクで最も重要なフェスティバルとなった子羊の毛刈りと高原祭りが開催されています。このフェスティバルは毎年ベイトゥッシェバップ高原で8月に開催されます。ここでは、独自の服を着てダンスを踊り、民謡を歌い、子羊が丸焼きにされ、豊かで気前のよさが表れた食卓が供され、郷土文化、そしてもてなしの心が感じられる、彩り豊かな光景を見ることが出来ます。

見どころ

チグリス川のほとりにできた、アラビア語で「島」という意味のジズレは、県の観光の面でも魅力的な見どころが多い中心地です。ウル・ジャーミー、ヌフ・ペイガンベル(預言者ノア)・ジャーミー、その霊廟、ミル・アブダル・ジャーミー、アブダリエ神学校、メム・ズィン霊廟、クルムズ神学校、ジズレ城塞、城壁、ヤフェス橋(チグリス川の川底が変化したために、国境外になってしまいました)、アカビン橋、メフメット・アー・パビリオン、そして最後にイスマイル・エブル・イズ・エル・ジェゼリ博物館がジズレ郡の中心地で見学できる主な観光地です。特にジズレ城塞、クルムズ神学校と、歴史上自動機械の開発に携わった最初の科学者であるエル・ジェゼリのヌフ・ペイガンベル・ジャーミーの中庭にある墓は必見の場所です。エブル・イズ小学校の中の一室は、この偉大な科学者の博物館となっています。

これ以外にジュディ山、ベイトゥッシェバップ高原、イディルの中心地にあるモル・ドド教会、モル・ヤクップ教会、フィニク、バビル、カスリック遺跡などがシュルナクの主な観光地です。我に返ってほっとするためのシュルナクでの行先は、ズムルット温泉です。

シュルナクの主な産業である畜産業から得られる羊毛は、植物の根で染色し、紡いで織るので、どれもすべて美しいキリムになります。特にベイトゥッシェバップ郡に住むジキリ部族のキリムが有名です。多くのキリムのデザインは、その地方の人々の喜びや希望、悲しみや願いを表現しています。星のデザインは朝早く空にまだ見えている数少ない星を表し、ジュバレ・ジュルドルは夫に虐げられている女性の気持ちを表現しています。ギュルベヤンは自然界に存在するバラを、リルペルは夫の家族と同居したくない嫁の願いを表しています。シェフリ・ヌフはシュルナクの何千年もの歴史、チグリス川、独自の高原文化、氷のように冷たい滝の水、ジュディ山で、非凡な冒険を体験したい客人を待ちわびています。