このサイトは試験公開中です。間違った箇所があれば、info [@] mesopotamia.travel までお知らせ下さい。

ゼウグマ博物館

2011年9月9日にガズィアンテップでオープンした、3万平米の建物面積、7千75㎡もの展示サロンを有する、合計70㎡のモザイクが展示されているゼウグマ・モザイク博物館は、世界最大のモザイク博物館です。

ゼウグマ・モザイク博物館の地下階には、紀元後1世紀の戦争の神マルスの彫刻、地上階にはユーフラテス川河畔のヴィッラで見つかったモザイクが展示されています。発掘で出土したポセイドンやユーフラテスの2件のヴィッラ、モザイク、壁画、泉、柱、壁はオリジナルの位置に合わせて発掘されたときと同じ大きさで展示されています。

2階の迷路のようにデザインされた神秘的な部屋では、有名な「ジプシーの娘」のモザイクの無垢なまなざしが際立っています。博物館には2千年の歴史を持つモザイクの、長年の間に失われた欠片やが、ビジュアル的にレーザーシステムで再現されています。